ベストパフォーマンスを願うアスリートの注目食材

「最高のパフォーマンスでベストレコード」「あと少しの頑張りがきく」「ベストコンディションの維持」は、アスリートであれば誰でも願うこと。そんなアスリートにとって「食」はパフォーマンスを支える、最重要課題です。「何を食べるか」「何を食べないか」「どう食べるか」でアスリートのパフォーマンスは大きく変わるため、最近では食事もトレーニングのひとつと捉える「食トレ」が注目されています。特に身体をつくる基礎となる「たんぱく質」、それをサポートする「ビタミン」「ミネラル」はしっかり摂りたい栄養素です。しかし、食がパフォーマンスを大きく左右するとわかっていても、実際にこれらの栄養素の摂取基準を完璧に満たすのはアスリートでもなかなかできません。しかも、激しい運動をするアスリートはたくさんの栄養を使うので、一般人より多くの栄養が必要とされています。そこで積極的に利用したいのが、パフォーマンスの下支えに必要な栄養素を手軽に補えるサプリメント。しかし、合成のもの、添加物が多いもの、ドーピング成分が入っているものを避けるなど、成分や品質を慎重に見極めなければなりません。その点、植物の栄養素と機能性成分を丸ごと摂れるプラントベース・ホールフードのクロレラには、アンチドーピング認証を受けたものもあります。そんなクロレラはベストパフォーマンスを目指すアスリートが安心して口にできる、いま注目の食材です。

Double exposure of young sporty runner woman at track. Mixed media

日照不足の屋内スポーツ選手はビタミンDが足りない!?

ビタミンDは骨の健康維持に必要不可欠な栄養素で、食事からだけでなく日光に当たることで体内で合成されます。一般的には、日照時間が少ない高緯度地方の人が冬にビタミンD不足になりやすいのですが、屋内スポーツの選手も同様のリスクがあると考えられています。実際にアメリカのジョージメイソン大学が行った調査によると、日光が当たらない屋内スポーツの選手は、シーズン中慢性的にビタミンDが不足していたという報告があります。バスケットボールやバレーなど屋内スポーツの選手は丈夫な身体を守るために、ビタミンD不足にならないようサプリメントなどを用いて、意識的にビタミンDを補給する必要があるのです。

Doctor writing word Vitamin d with marker, Medical concept

栄養管理のセルフコントロールは、アスリートの課題

アスリートにとって、もはや栄養管理はパフォーマンスやコンディションの維持に欠かせない重要な要素。そのため、普段から栄養バランスのいい食事に気を使っているという方や食事だけでは補いきれない場合に、サプリメントを活用しているという方も多いのでは。しかし、有酸素運動能力の改善においては食事で十分な栄養を補えているのであれば、その効果は限定的という発表もあります。※1
その一方、日本人は近年野菜の栄養が摂取不足にある傾向※2にあります。大学のスポーツ系学部の学生を対象にした栄養調査※3の結果(グラフ1)でも、多くの栄養素、特にビタミンとミネラルが推奨量に満たないということがわかっています。また、日光が当たりにくいバレーボールやバスケットボールなど屋内スポーツの選手はビタミンDが不足しがちというデータもあります。
多くのアスリートがサプリメントを利用しているのですが、実際のところ不足する栄養素の種類と量については個人差があり、アスリート自身で何が足りないのかを把握するのは非常に困難です。アスリートにとって有効なサプリメントの摂取方法は、単一の栄養素のサプリメントを使うよりも、様々な栄養素をバランス良く含む総合的なサプリメントで補って、栄養摂取の全体を底上げすること。そこで選択肢のひとつとして注目されるのが、様々な栄養素をバランス良く含むプラントベース・ホールフードのクロレラ。アスリートのパフォーマンスをサポートする、総合栄養食として期待が高まっています。
※1The joint statement of American Dietetic Association, Dietitians of Canada, American College of Sports Medicine,2009

※2国民健康・栄養調査2013
※3流通経済大学スポーツ健康科学部栄養調査紀要

アンチ・ドーピングは、アスリートがサプリメントを選ぶ新基準

アンチ・ドーピングというと、国際大会に出るようなトップアスリートだけが関係する話だと思っていませんか?しかし、アンチ・ドーピングはスポーツの価値を守り、公平性を保つために必要な活動として、いま世界中で広がっています。日本のアスリートは、ドーピング違反が少ないからクリーンという印象があるかもしれませんが、ゼロではありません。日本人が犯すドーピング違反の多くは「ついうっかり」が原因。なかでもサプリメントによる違反例が少なくないのです。サプリメントは食品であるため全ての成分を表示する義務はありません。そのため禁止物質が入っているかどうか明確に把握できないのです。
アスリートにとって安全で安心なサプリメントを選ぶ基準は、アンチ・ドーピング認証を受けたサプリメントであること。日本ではまだまだ選択肢は多くありませんが、サン・クロレラAパウダーはアメリカのメジャープロスポーツ界で推奨されているNSFと日本でもよく知られるインフォームドチョイスのアンチ・ドーピング認証を取得しています。ドーピング違反リスクを回避できるクリーンな食品で、アスリートのパフォーマンスを支えます。

 

●サン・クロレラAパウダーが取得した認証

(NSFアンチ・ドーピング認証)

WADA(世界ドーピング防止機構)やメジャーな競技で禁止されている約270種類以上の物質を含んでいないこと、サプリメントの内容がラベルと確かに一致していること、汚染されていないことを認証するもので、アメリカのメジャープロスポーツではNSF認証製品を推奨しています。年に2回の製造工場の査察の他、製造ロット単位での検査が義務付けられています。

 

(インフォームドチョイス認証)

ヨーロッパおよび日本での認知が高く、イングランド、スコットランド、ウェールズのラグビー協会やオーストラリア・フットボールリーグなど多くの団体とパートナーシップを締結しています。 認証を取得した後も、月に1回市場で購入した製品の抜き打ちテストを行い、品質に問題がないか継続的にチェックされています。