健康ニュース

大人の食育 第10回「子どもの味覚」を掲載しました

2015年01月16日

category-image04

昨年(2014年10月)、NHKで「子どもの味覚に異変がおきている」というニュースが流されました。
―約350人の子どもを対象に、基本となる4つの味(甘味、塩味、酸味、苦味)を感じることができるかを調査したところ、いずれかの味を正しく感じることができない子どもが30%余りもいることがわかったのです。

そして、味覚を感じることができなかった子どもには、共通の特徴があり、加工食品などの味の濃いものや、人工甘味料を使った飲み物を頻繁に口にしていた―ということでした。

子どもの味覚を育てるのは、親の仕事と言われます。
今回は、「子どもと一緒に育む食事」をテーマにいろいろ考えてみましょう。



大人の食育 第10回
「子どもの味覚」

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る