健康ニュース

健康レポート「先進国では女性の肺がんが死因のトップに」を掲載しました

2015年02月24日

肺がんが、乳がんを抜いて先進国における女性のがん死因の1位になった、という米国がん協会と国際がん研究機関(IARC)による調査結果が『がん臨床医雑誌』に発表された。変化の主要な原因は、近年女性の喫煙率が上昇していることにあるようだ。ちなみに我が国の女性の場合は、大腸がんが1位、肺がんは2位である。

がんは今や社会全体に巨大な重荷となってのしかかっている。人口増加と高齢化によってがんになる年齢層の人口が増加していることに加えて、世界的な経済成長と都市化に伴い、喫煙、肥満や運動不足、周産期パターンの変化など、がんリスクを高める種々の因子も増加しているからだ。

 

 

サン・クロレラ研究サイト 健康レポート
「先進国では女性の肺がんが死因のトップに」

 

 

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る