健康ニュース

健康レポート「運動はディナーのあとで」を掲載しました

2015年03月12日

夕食後のレジスタンストレーニング(抵抗運動)が、糖尿病患者の心臓病リスクを効果的に下げてくれるようだ。米国ミズーリ大学の研究チームが『応用生理学雑誌』に発表した。

2型糖尿病の患者は、血糖値と中性脂肪(トリグリセリド)値が高く、それが心臓マヒや脳卒中といった心血管疾患のリスクを高める一因となっている。積極的に身体を動かすことで病気の発症・進行を抑えることができるといわれており、治療の一環として運動を勧められるのが一般的だ。だが意外なことに、ディナー(夕食)の前と後のどちらがより運動の効果を高められるかという問題は今までほとんど研究されていなかったという。

研究チームでは、効果を維持するためには毎夕食後のレジスタンストレーニングを欠かさずに続けることを勧めている。



詳しくは、

サン・クロレラ研究サイト 健康レポート
「運動はディナーのあとで」

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る