健康ニュース

新企画「知っておきたい! 健康最前線」の掲載をスータとします

2015年04月01日

category-image07
日々塗り替えられていく”医療の常識”。テレビや雑誌で目にする健康キーワードをピックアップしてご紹介します。明日から、あなたの健康意識は変わるかもしれません。

第1回は「糖尿病」をテーマにお送りします。

紫式部が書いた「源氏物語」の主人公、光源氏のモデルと言われているのが、平安時代に栄華を誇った藤原道長。「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」と歌い、世の中にこわいものなしの道長でしたが、実は糖尿病に悩まされていました。糖質を栄養分としてとりこむのに必要なホルモン「インスリン」の分泌と働きが悪く、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高まる糖尿病は、現代の生活習慣病の代表格ですが、平安時代の昔からあった古~い病気。社会は大きく変わっても、一向に糖尿病が減る気配はありません。現在、全国の糖尿病有病者と糖尿病予備群の合計は約2050万人。国民の6人に1人にのぼります。

 

詳しくは、
知っておきたい!  健康最前線 第1回
糖尿病は「しめじ」と「えのき」にご用心

 

 

 

 

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る