健康ニュース

健康レポート「高脂肪食による行動変化は、腸内細菌が脳に炎症を起こすから?」を掲載しました

2015年04月17日

脂肪の多い食事はあなたの行動や脳そのものに変化を及ぼすのだろうか。米国ルイジアナ州立大学の研究グループは、食事中の脂肪が腸内細菌に作用して、それが脳にまで影響を及ぼすという研究結果を『生物精神医学』誌に発表した。

脂肪の多い食事が、心臓病や脳卒中などのさまざまな病気のリスクを高めることは以前から良く知られている。けれども最近になって、高脂肪食にはうつ病などの精神疾患のリスクもまた高めるのではないかという関心が高まってきた。

今回発表された報告では、脂肪の多い食事が健康と行動に影響を与える原因のひとつとして、私たちの腸内細菌の構成が脂肪によって変化し、それが脳神経系に影響を及ぼす可能性が指摘されている。

 

詳しくは、

サン・クロレラ研究サイト 健康レポート
「高脂肪食による行動変化は、腸内細菌が脳に炎症を起こすから?」

 

 

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る