健康ニュース

健康レポート「お昼寝はイライラを軽減し、生産性を高めます」を掲載しました

2015年07月07日

仕事の能率が上がらなくてイライラしだしたら、1時間ほど昼寝をするのが良さそうだ、という米国ミシガン大学の研究結果が、『個性と個人差』誌に発表された。

研究チームよれば、仮眠することは衝動的な行動を抑える有効な戦略であり、溜まっていくフラストレーション(イライラ感)に耐える力を底上げする効果もあるのだという。

「昼寝は、職場の安全性を高めるコストのかからない簡便な方法であるといえます」と研究チームは述べている。 …

 

 

 

詳しくは、

サン・クロレラ研究サイト
「お昼寝はイライラを軽減し、生産性を高めます」

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る