健康ニュース

健康最前線 第6回「転ばぬ先のロコモ予防」を掲載しました

2015年09月01日

category-image07日々塗り替えられていく”医療の常識”。テレビや雑誌で目にする健康キーワードをピックアップしてご紹介します。明日から、あなたの健康意識は変わるかもしれません。

 

第6回は、「ロコモ」をテーマにお届けいたします。

みなさんは“運動不足”が原因で、日本で年間どれくらいの方が亡くなっているかご存じですか?世界的に有名な医学雑誌「ランセット」によれば、なんとおよそ5万人もの方が、心臓病やがんなど、運動不足が関連したと考えられる病気で亡くなっていると推定されています。

また、運動不足は命を落とさないまでも、要介護状態をまねきやすくなります。そのキーワードは「ロコモティブシンドロー ム(通称:ロコモ)」。ロコモとは「運動器症候群」の意味で、骨や関節、筋肉などの運動器の機能が低下することにより、転倒や骨折のリスクが高まり、寝た きりや要介護になりやすい状態をいいます。

続きは、
知っておきたい! 健康最前線 第6回
「転ばぬ先のロコモ予防」

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る