健康ニュース

世界の健康ニュース「健康的な食事のつもりで意外に摂れていない栄養」を掲載しました

2015年09月24日

欧米の三か国の大人を対象にした調査で、多くの人が自分の食事は推奨される栄養要求量を満たしていると信じていることが明らかになった。しかし現実には栄養不足が原因ではないかと疑われる病気が依然として死因の上位を占めているのである。

この調査は、アメリカ、イギリス、ドイツの各々千人の成人を対象に、健康的な食事や、オメガ-3系脂肪酸、ビタミンDといった健康の鍵となる栄養素につい ての信条を調査したもの。全体の72%が、自分は「健康な」もしくは「最適な」食事をしていると考えており、半分以上(52%)が鍵となるすべての栄養素 を食事だけで摂れていると信じていた。

しかし、これらの国々も他の国と同様にがん、心臓病、脳卒中、糖尿病などの慢性疾患(生活習慣病)が主要な死因の上位を占めていることから、調査対象者の食事に対する自己認識は過大評価が過ぎるのではないか、というのが研究チームの見解である。

 

詳しくは、
サン・クロレラ研究サイト
「健康的な食事のつもりで意外に摂れていない栄養」

 

その他の企業情報

ページの先頭へ戻る