青木夫妻・自然とともに編

プレーシーンで描く「厳しい自然との戦い」(自然と対峙する青木プロ)の姿と、ご夫婦の「自然で暖かい関係」を明る健康的に表現したシーンとをかさねて描き、「自然のままを受け入れること」の大切さを訴えます。

撮影エピソード

収録は3月の初旬、青木プロの出場された米チャンピオンズツアーの「アウトバック・ステーキハウス・プロアマ」の試合の翌週にスケジュールを頂き、米フロリダ州内で撮影しました。ロケ地は、「自然との対峙」を感じさせる厳しいイメージのリンクスコースと「自然の優しさ」を表現するための水辺を両立する場所を探した結果、タンパから北西に陸路で約280km離れた、アメリア・アイランドという島でのロケーションを選定しました。

前週までは、雨天だったり、寒かったり、準備にも困るほどの強風だったりと、まさに「自然と対峙する」ような天候でした。しかし、撮影当日は快晴。気温も暑過ぎず、寒過ぎず、風もなく絶好の撮影条件となりました。 不思議なことに、例年、ご夫妻との撮影は、かならず天気に恵まれています。スタッフから「自然と対峙する」には「天気がよすぎる」との贅沢な声も上がるほど、「太陽の恵み/サン・クロレラ」にふさわしい好天の下での撮影になりました。当初の撮影スケジュールでは、午前中に青木プロのプレーシーンを収録し、午後からは、ゴルフ場内の湖、そして島の河口域に広がる広い汽水域でのボートのシーン・・・と撮影してゆき、1日でスムーズに撮影を終える予定でした。

そして当日、順調に撮影は進み湖での撮影も終え、後は河口でのロングカットを残すのみとなって、スタッフも安心して河口まで移動したところ、なんと水が干上がり、ボートを浮かべることができない状態になっていました。潮の満ち干のスケジュールも確認し、3回にわたりロケハンし、地元の人々の情報を得ていたにもかかわらず、まさかこんな・・・撮影は、翌日早朝に再度同じ場所で無事終了し、ことなきを得ましたが、やはり「自然の力」にはかなわない!と思い知らされることとなりました。

ご夫妻は、翌日はオーランドへ移動の予定でしたが、スタッフの急なお願いにかかわらず、早朝の撮影を快くOKしてくださいました。長旅のお疲れにも関わらずいつもの笑顔で、撮影に臨んでくださったご夫妻に感謝の撮影でした。

テレビCM

モンドセレクション最高金賞編

2009年度モンドセレクションにおいて、サン・クロレラAが最高金賞、目神が金賞を受賞。イタリア・ベニスで行われた授賞式の様子がCMになりました。

詳しく見る

青木夫妻・自然とともに編

ご夫婦の「自然で暖かい関係」を明る健康的に表現したシーンとをかさねて描き、「自然のままを受け入れること」の大切さを訴えます。

詳しく見る

青木夫妻・YOGA編

ご夫妻の人生の共演者、人生のパートナーとしての意味合いを色濃くだし、お二人の心温まる関係を前面に、共感される夫婦像を描いています。

詳しく見る

遥かな時間編

「5億4千万年の遥かな時の流れ」のスケール感と、「クロレラのはかり知れない生命力」の壮大な歴史をCG映像により、ドラマティックに表現しています。

詳しく見る