世界よ、受けて立つ編 30秒

今回の渡邊雄太選手CM撮影は、神奈川県川崎市にあるとどろきアリーナで行われた。CMでは、ドリブル、フェイント、パス、ロングスロー、そしてダンクシュートなど、華麗な技を披露する渡邊選手をハイスピードカメラによる撮影で捉えた、とてもクールで躍動感あふれるCMに仕上がっている。

この日は撮影後にサン・クロレラと渡邊雄太選手との間で締結されたスポンサー契約の公式発表と記者会見が行われる日だったこともあり、撮影には多くの報道陣が詰めかけていた。実は初のCM出演ということもあり、撮影開始前には「NBAでの試合よりも緊張する」と言っていた渡邊選手だったが、撮影が進むにつれて徐々に緊張も解け、待ち時間にはサン・クロレラ社長の中山にシュート指導をするなどリラックスした様子で撮影を楽しんでいた。また豪快なダンクシュートを決めるシーンの撮影では、撮影スタッフや報道陣から「おーっ!」とドヨメキの声が上がるなど、終始和やかな雰囲気のなかで撮影が行われた。
ちなみにウラ話としてはこんなことがあった。撮影終盤、ダンクを決めるシーンで本人が理想としている華麗なダンクシュートが決まらずに苦労する場面があった。実は身体づくりを来季の課題に挙げ、日々肉体改造に取り組んでいる渡邊選手は、帰国後メディアに引っ張りだこで、テレビや雑誌の取材が相次ぐなかでも、欠かすことなくトレーニングを続けており、撮影の前日にもかなりハードな練習を行っていたという。つまり、足の筋肉の疲労がピークに達していたのだった。それでも渡邊選手は、撮影終了後、記者発表が始まるまでの2時間を使ってトレーニングをしている。こういったトップアスリートならではのストイックな姿勢はなかなかメディアで露出することはないが、その場で目撃した事実としてここに記しておきたい。

テレビCM

世界よ、受けて立つ編 30秒

プロバスケットボール/渡邊雄太選手を起用し、攻めてよし、守ってよしのオールラウンダー渡邊選手の幅広い適応能力と、栄養価の高いサン・クロレラAパウダーのイメージをリンクさせました。

詳しく見る

このカラダで世界と戦う編 15秒

プロバスケットボール/渡邊雄太選手を起用し、練習に打ち込む風景を中心に構成しました。渡邊選手の実直な人柄と緑藻類”クロレラ”のみを使用したサン・クロレラAパウダーのピュアな商品力を重ねました。

詳しく見る

CM撮影メイキング動画

渡邊雄太選手が初めて挑戦したテレビCM「世界よ、受けて立つ編」「このカラダで世界と戦う編」での撮影の様子がうかがえるメイキング動画です。

詳しく見る

モンドセレクション最高金賞編

2009年度モンドセレクションにおいて、サン・クロレラAが最高金賞、目神が金賞を受賞。イタリア・ベニスで行われた授賞式の様子がCMになりました。

詳しく見る

遥かな時間編

「5億4千万年の遥かな時の流れ」のスケール感と、「クロレラのはかり知れない生命力」の壮大な歴史をCG映像により、ドラマティックに表現しています。

詳しく見る