サン・クロレラクラシックでのカーボンオフセット

サン・クロレラ クラシック

サン・クロレラ クラシックでカーボン・オフセットを実施
-地球環境に配慮したゴルフトーナメントに-

JGTOゴルフツアー「2011サン・クロレラ クラシック」「2012サン・クロレラ クラシック」におきまして、大会運営で排出する温室効果ガス削減のためにカーボン・オフセットを導入いたしました。同大会の準備期間及び開催期間中に使用する会場電力使用量やギャラリーバスの運送、大会役員の移動等から排出されるCO2など算出可能なCO2(約34t)を、サン・クロレラが所有・管理する北海道釧路にあるシラカバの森の間伐プロジェクトによって創出したCO2排出権を使用してオフセット(埋め合わせ)するものです。
同大会では、従来より公共交通機関からのギャラリーバス運行やゴミの分別回収など環境に配慮した大会運営を行なって参りましたが、これらに加え、カーボン・オフセットを導入することで、排出される温室効果ガスの一つであるCO2を削減し、地球環境保全に貢献することとともに、弊社が特別協賛する同大会を通して、より多くの方にカーボン・オフセットを認知していただき、地球環境保全の啓発につながればと考えました。
大会当日には、来場者の皆様にもカーボン・オフセットについてご理解をいただけるよう、サン・クロレラブースにおいてパネル展示を行いました。

サン・クロレラ クラシック

サン・クロレラ クラシック開催概要

大会名称:サン・クロレラ クラシック
開催日程:2011年7月26日~31日/2012年7月26日~29日
賞金総額:¥150,000,000 優勝賞金 ¥30,000,000
会場:小樽カントリー倶楽部
主催:北海道放送、主管:社団法人日本ゴルフツアー機構、特別協賛:サン・クロレラ

カーボン・オフセットの対象

  • 会場の電力使用に伴い発生するCO2排出量
  • 運営者の移動に伴い発生するCO2排出量
  • ギャラリーバス運行に伴い発生するCO2排出量
  • 廃棄物処理輸送及び処理に伴い発生するCO2排出量
  • テレビ中継に伴い発生するCO2 排出量
  • チラシ、ポスター、ペアリング等の作成に伴い発生するCO2 排出量
  • 観戦バッグ作成に伴い発生するCO2 排出量

CSRの取り組み