2019年開催の様子

ミャンマーの子ども達に文房具セットをプレゼントしました

ミャンマーでは家の事情などで勉強したくてもできない子ども達が沢山います。微力ながら大会期間中、3,000人の子ども達に文房具セットをプレゼントしました。

19年ぶりのミャンマーステージを経てゴール!

2019年8月10日から16日にかけてタイ王国パタヤ → ミャンマーの首都ネピドーまでの約2300kmをおよそ70台の車両が駆け抜けました。途中ミャンマーでの洪水によるショートステージの中止もありましたが、大会運営側のギリギリまでの調整と地元の皆さんの応援により、無事フィナーレを迎えることができました。
2020年はタイ王国スタート、マレーシアゴールの予定です。
大会オフィシャルサイト

タイをスタートしてミャンマーまで走ります

2019年は8月10日にタイ王国のビーチリゾート、パタヤをスタートし、8月16日にミャンマー連邦共和国の新首都ネピドーでフィニッシュを予定しています。
レースに先駆けて6月12日にはタイ バンコクで、6月14日にはミャンマー ヤンゴンで、それぞれ記者会見を行いました。

2018年開催の様子

2018年~2020年の3年間特別協賛します

アジア各国を基点とした山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなど、アジアの特徴ある地域、路面状況、自然、気候の中で毎年8月に開催され、近年はタイを出発点として開催されています。初開催の1996年から2017年までに、タイ王国、マレーシア、シンガポール共和国、中華人民共和国(雲南省)、ラオス人民民主共和国、ベトナム社会主義共和国、カンボジア王国、ミャンマー連邦共和国など8カ国を走破し、毎年コース設定、通過国が変わり2018年大会で23回目を迎えます。国際自動車連盟(FIA)公認のクロスカントリーラリーでダカールラリーと同じ格式、アジア最大の大会です。
2018年大会は、8月12日(日)にタイ王国のビーチリゾート、パタヤをスタート、8月18日(土)にカンボジアの首都プノンペンでフィニッシュを予定しています。