• トップ
  • News
  • 健康レポート「軽めの運動が、がん治療をより効果的にする」を掲載しました

健康レポート「軽めの運動が、がん治療をより効果的にする」を掲載しました

健康ニュース

米国カンザス州立大学の研究チームの新たな研究が、がん患者を勇気づけるかもしれない。早歩きかスロージョギングを定期的に行うことが、がんの治療効果を高める鍵になるだろう、というのである。

ブラッド・ベンケ准教授らの研究チームは既に、定期的に適度な運動をすることでがん細胞の酸素化が促進されることを報告していたが、この効果は放射線がん治療の効果を高めることが知られている。

今回研究チームは、米国がん協会から75万ドルの研究資金を得て、適度な運動が、がん(特に難治性)の放射線治療をより効果的なものにする研究に取り組むことになった。

詳しくは、

サン・クロレラ研究サイト
「軽めの運動が、がん治療をより効果的にする」