• トップ
  • News
  • 食の謎を解き明かす栄養トリビア “「卵はコレステロールが多いから1日1個までしか食べてはいけない」って本当?コレステロールを下げる食事とは? ” を掲載しました

食の謎を解き明かす栄養トリビア “「卵はコレステロールが多いから1日1個までしか食べてはいけない」って本当?コレステロールを下げる食事とは? ” を掲載しました

健康ニュース

 

 

卵は私たちの毎日の食事に欠かせない食材です。

目玉焼き、オムレツ、卵焼きなどのほかにも、プリンやケーキなどのスイーツにも使われる食材ですから、気づけば1日1個以上は食べているかもしれません。
しかし、「卵は1日1個までしか食べてはいけない」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

Lサイズの卵1個にはおよそ300mgのコレステロールが含まれています。
そこだけを取り上げられ、卵は「コレステロール管理において好ましくない食品」と言われてきましたが、はたして本当でしょうか?
そこで今回は、卵の摂取量や栄養素についてみていきましょう。

 

食の謎を解き明かす栄養トリビア
“「卵はコレステロールが多いから1日1個までしか食べてはいけない」って本当?コレステロールを下げる食事とは?”