アガリクス

大地で生き続けてきた神秘のキノコ「アガリクス・ブラゼイ」

アガリクスという呼び名はハラタケ属のキノコの総称で、単独でアガリクス茸という名のキノコが存在するわけではありません。マッシュルームもこの仲間です。通常、本物として健康食品で流通しているアガリクスは、学名「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」というキノコで、和名は「ヒメマツタケ」と呼ばれるものです。したがって、その種類が異なればもちろんのこと、同じアガリクス・ブラゼイ・ムリル (以下アガリクス・ブラゼイと略) でも栽培方法、産地によって成分は大きく違っています。

ヒメマツタケ

ヒメマツタケ

アガリクス・ブラゼイの原産地は、ブラジルの山岳地帯ピエターデ地方で、日本に紹介されたのは1965年、ブラジル在住の日本人がサンパウロ近郊の山中で自生しているものを発見し、キノコの専門家である岩出亥之助博士のもとに送られてきたのが最初のことです。

その後、アガリクスの子実体には健康保持に役立つβ-(1→3)-D-グルカンやβ-(1→6)-D-グルカンのタンパク質複合体や核酸が、菌糸体にはマンナン多糖が含まれていることが分かりました。このほか、ビタミン、ミネラルなど健康維持に必要な成分を豊富に含んでいることも分かってきました。 中でもアガリクス・ブラゼイの多糖体であるβ-(1→6)-D-グルカンは、多くのタンパク質と結合しているという特徴があります。これにより消化管からの吸収が良くなり、食べたり煎じて飲んでも吸収されるのです。このアガリクス・ブラゼイについての研究も数多く、日本薬理学会、日本ガン学会などでその成果が発表されています。今日では、生のままでは腐敗しやすく保存できないので、通常は乾燥品やパウダー、顆粒、錠剤、カプセル状にして流通しています。

アガリクスの子実体に含まれる成分

  • β-(1→6)-D-グルカン
  • β-(1→3)-D-グルカン
  • 核酸
  • マンナン多糖
  • ビタミン
  • ミネラル



製品